19日の夕方は空に注目!90年ぶりに「大変深い」部分月食が見れるかも?!

どうも!
でかだいずです♪

前回の記事はこちら♪

今回は、19日に「大変深い」部分日食が見られそうだという話題ですね。
皆既月食とは違った月食のようで、1世紀ぶりの観測なのだそうです。

19日に「大変深い」部分月食 90年ぶりの天体ショー
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4f1f6b94619508dd65d7a1d1cd0b18e50536aae

15DEE504-14F4-45D1-9499-149E202B4BC8.jpeg

月の大部分が地球の影の中に入り、「大変深い」と表現される珍しい部分月食が19日、全国各地で見られる。当日は午後6時2分54秒頃に、月の直径の97・8%までが影に入り込む。今回の割合以上に「大変深い部分月食」は昭和36年(99・2%)に観測されたが、日本国内では見ることができなかった。国内で「大変深い」状態の月食が見られたのは昭和7年9月(98%)にまでさかのぼり、実に約90年ぶりとなる珍しい「天体ショー」となる。
なんと、昭和7年の9月に観測されたのが国内で見られた最新の「大変深い」月食なんですね。
それでは、日本では何時ぐらいに見られると予測されているんでしょうか?
国立天文台によると、部分月食は夕方から、夜の午後7時47分24秒頃までに起こる。北海道や東北の北部では、部分月食を最初から最後まで見ることができ、これ以外の地域では、月が欠けた状態で空に昇る「月出帯食(げっしょくたいしょく)」となる。部分月食が最大の97・8%となるのは午後6時2分54秒頃になる。いずれも肉眼で観察でき、写真撮影なども可能だという。
僕は東京に住んでいるんで、「月出帯食(げっしょくたいしょく)」を観測できるみたいですね。
専門家でもどう見えるかは予想できないそうなので、19日の夕方は仕事の手を止めて、夜空を見上げるのもいいかもしれませんね。


今回は、以上です♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント